株式会社JTビジネスコム

お客様からの信頼に応えるために
調達グループ 調達2チーム 松本 修
ホーム > 採用情報 > 社員インタビュー(調達グループ 松本 修)

INTERVIEW社員インタビュー

現在の仕事内容

JTの社内インフラや実務で使われている各種システムといった、IT関連の調達業務を行っています。具体的には導入が公正かつスムーズに進むよう、取引先とJT・IT部との間に入り、価格交渉や契約内容の調整、発注・支払業務などを行っています。

実務ではありませんが、現在、有志13名で行っているプロジェクトにも参加しています。テーマは、会社が掲げているミッションやビジョンの理解を深め、より社員に分かりやすく浸透させる。一言で言えば自分たちの会社をどう良くしていくかを考えるプロジェクトです。2017年秋からスタートし、現在は定期的に会議を行い、意見を出し合いながら具体策を検討しています。

仕事をする上で心がけていること

取引先は多くありますが、JTだけでなく取引先も納得でき、両者がWin-Winの関係となる契約となるよう意識しています。また契約締結前の事前調整も重要であることから、ユーザー(契約要請者)とコミュニケーションを取り、交渉や契約が効率的かつ計画的に進むよう心がけています。

働きやすさ

フレックスタイム制度が使えるのが大きいです。ほとんどの社員が活用しているため、使うことが当たり前の環境であることも、JTビジネスコムならではだと思い、非常に働きやすさを感じています。実際、私も早い日は16時頃に退社し、子供を保育園に迎えに行ったりしています。

会社の制度として、子育て手当等の支給もあり、助かっています。

やりがい

お客様が私を信頼してくれて、仕事の依頼や相談を直接受けたときにやりがいを感じます。その結果としてお客様の期待に応えられ、感謝の言葉をいただけた時には、さらなるやりがいを感じます。

人脈が広がることもこの仕事の魅力です。
業務の依頼はIT部からだけでなく他部署からもあり、また、取引先とも接する仕事ですので、社外とのつながりも広がるということもおもしろさを感じられます。コミュニケーションの輪は会社内でも広がります。私が参加しているプロジェクトでは、企画、人事、財務経理とJTビジネスコム全グループからメンバーが参加しているので、社内のつながりが増えています。

JTビジネスコムへの入社を検討している人へのメッセージ

設立して間もない会社ということで、いい意味で自由だと感じています。いいアイデアや気づきがあれば誰でも発言できますし、その声を聞き入れてくれる環境です。
会社として、社員と一緒に良くしていこうという雰囲気です。

発言しやすい雰囲気は、実務においても当てはまります。一般的なシェアードサービスは、どうしてもオペレーションに注力しがちですが、JTビジネスコムでは、オペレーションサービスはもちろんのこと、顧客に対し、コンサルティングサービスもでき、より良いサービスや効率的な仕組みを提案し、JTグループ全体の利益創出に貢献していこうという雰囲気があふれています。

自ら積極的に動き、お客様の課題を拾い上げる。そうして見えてきた課題に対し、解決のアイデアを提案する。このように相手の立場に立って考え、コミュニケーションを取ることが好きな方が向いている職場だと思いますし、そのような方であれば、伸び伸びと楽しく仕事を進められると思います。

※所属は2018年2月のものです。

Pagetop